氷ノ山Ⅳ

DSC00639.jpg
20100717w.jpg
 Google Map版はこちら

日時;2010年7月17日
走行距離;435.7 km
所要時間;13時間12分
燃費;約34 km/l
(距離と時間はGPSデータによる)


DSC00633.jpg
①北条のコンビニ
 朝6時前に出発。県道65→79→23などを通って、いつものコンビニでお茶とおにぎりを調達。朝早い時間だと、家からここまで約1時間。
DSC00634.jpg
②瀞川氷ノ山林道入口
 県道23→国道29で瀞川氷ノ山林道の入口へ。やまめ茶屋の看板が目印。空いていると、家からここまで2時間ちょっとで来ることができる。
DSC00637.jpg
③鉢伏高原
 瀞川氷ノ山林道を抜けて鉢伏高原へ。前半は荒れ気味で森の中を走る。後半はフラットな砂利道になるが、アスファルト舗装化が進んでいるようだ。
DSC00646.jpg
④道の駅「村岡ファームガーデン」
 鉢伏高原から瀞川氷ノ山林道の北区間を通って村岡へ。北区間は前半フラットで下りに入ると雨水によるわだちが多くなる。山の上では25℃ぐらいだったが、下りてくると30℃近くあり暑い。道の駅でいつものジェラードを食べる。
DSC00649.jpg
⑤中辻肥前畑林道入口
 国道9で春来峠を越え、湯村温泉のところから県道103に入って、中辻肥前畑林道の入口へ。牧場公園を目指していくと、割と簡単に入口を見つけることができた。
DSC00656.jpg
⑥中辻肥前畑林道終点
 中辻肥前畑林道は最初と最後が少し荒れているが、途中は見晴らしの良い斜面を走る。写真の終点から少し進むと、県道103に合流する。
DSC00658.jpg
⑦東因幡林道入口
 県道103から畑ヶ平高原に進み、林道に入っていくと東因幡林道と扇ノ山林道の交差点に出る。東因幡林道のゲート(チェーン)が開いているので、今回はこちらに進んでみる。
DSC00661.jpg
⑧東因幡林道終点
 東因幡林道は見晴らしはあまり無いがけっこう距離があって走り応えがある。路面は土、砂利、砕石など所々で変化する。雨が多かったこともあり、水溜まりやぬかるみも多かった。ツーリングマップルには「ほぼ廃道状態」と書かれているが、それなりに手入れはされいるようだ。
DSC00663.jpg
⑨志倉道谷林道入口
 国道482→29→県道48で志倉道谷林道入口へ。入口には県道521の目印がある。
DSC00665.jpg
⑩志倉道谷林道
 ここは石が大きめでちょっと荒れた感じが続く。途中で測量している人がいたけど、舗装の計画があるのかな?
DSC00671.jpg
⑪福知渓谷
 県道6→38で砥峰高原へ行こうとしたが、県道38が福知渓谷で通行止になっていた。工事区間のところで止められなかったので、バイクなら行けるのかなと思って進んでみたが、道が完全になくなっていた。
DSC00675.jpg
⑫峰山広域基幹林道入口
 県道6に戻り、国道29→県道8で坂ノ辻峠手前の峰山広域基幹林道入口へ。ゲートが半分開いているので入ってみたが、途中で工事していた。舗装はかなり進んでいるようだ。
DSC00678.jpg
⑬森林基幹道笠形線北工区
 県道8を東へ進み森林基幹道笠形線北工区へ。通行止と書いてあるが、ゲートにはバイクが入れる隙間が空けてある。結局途中で落石が少しあっただけだった。
DSC00681.jpg
⑭森林基幹道笠形線中工区
 舟坂峠から中工区へ。ここは7月4日に来たときと変わらず、3ヶ所で崩落があり4輪は通れない状態。途中、モトクロッサーみたいなバイクとすれ違った。路面のタイヤ跡を見ると、往復して練習しているようだった。
DSC00684.jpg
⑮森林基幹道笠形線南工区
 今回最後のダート区間。ここの状態も7月4日と変わりなかった。この後、県道23→79→65を通って帰宅。
 タイヤをD605に交換したこともあり、氷ノ山辺りの林道を走ってきた。合計で50km以上はダートを走行することができたかな。タイヤのグリップはトレール用なのでそれなりだが、純正やGP210に比べ、滑り出しが穏やかなので、コントロールしやすいように感じた。ただ、特に前輪が路面の状態に対して敏感なような気がするが、サイズが細くなっている影響かも知れない。
 装備は上がクールマックスTシャツ、クールマックスジャージにメッシュジャケット、下はサイクルパンツとGパンで、朝や山の上は25℃ぐらいだったので、インナーなしでもちょうど良かった。日中の平野部は30℃近くなり暑かったが、走っていれば風が通るのでそれなりに涼しい。
 朝の氷ノ山が少し霧雨になったが、昼前からは晴れてきて、林道ツーリングにはよい天候になった。林道ツーリングらしきバイクも何台かみかけた。

広告
カテゴリー: ツーリング パーマリンク