鬼ヶ島

DSC01791.jpg
20101127.jpg
 Google Map版はこちら

日時;2010年11月27日
走行距離;359.2 km (フェリー区間を38.8kmを含む)
所要時間;12時間12分
燃費;約 32km/l
(距離と時間はGPSデータによる)


DSC01754.jpg
DSC01752.jpg
①津田の松原SA
 朝7時頃出発。布施畑ICから神戸淡路鳴門自動車道に入り、高松道の津田の松原SAで給油と休憩。讃岐うどんを食べた。ここは自分で麺を湯がく、セルフ式になっている。
DSC01756.jpg
②高松港
 高松中央ICで高松道を下り、県道43などで高松港へ。女木島・男木島行きのフェリーに乗る。高松ではたくさんの一が下りてきたが、乗り込む人は少なかった。バイクは1台だけだった。
DSC01772.jpg
③男木島
 まず、男木島に渡ってみた。フェリーは2時間毎で、ここで2時間も過ごすと退屈しそうなので、すぐに帰りのフェリーに乗った。
DSC01779.jpg
DSC01822.jpg
④女木港
 フェリーで女木島へ。女木港にはモアイ像やオブジェクトが展示してあった。モアイ像は、イースター島の本物が破壊された後、再建したときの試作品らしい。
DSC01783.jpg
DSC01784.jpg
DSC01789.jpg
⑥日蓮上人像
 島の南端から北上する途中に上に行く道があったので上ったところ、日蓮上人像があった。なぜここにあるのかは、島のパンフレットにも書いていない。
DSC01790.jpg
DSC01799.jpg
DSC01813.jpg
⑥鬼ヶ島大洞窟
 500円払って洞窟にも入ってみた。他に観光客はいなかった。芸術祭をやっているらしく、洞窟内にも作品が展示してあった。洞窟上の展望台からは、屋島や高松市街、五色台などが見渡せた。
DSC01820.jpg
DSC01826.jpg
⑦鬼ヶ島海水浴場
 海岸に下りてくると誰もいない海水浴場があったので入ってみた。ちょうどフェリーが通っていた。港に戻り、フェリー待ちの間に昼食。カレーうどんにしてみたが、麺は讃岐うどんだった。貝のおでんが美味しかった。
DSC01838.jpg
⑧高松港
 フェリーで高松港に戻り、今度は四国フェリーで宇野へ。いつもは国道フェリーなので、四国フェリーは初めて。
DSC01858.jpg
⑨道の駅「黒井山グリーンパーク」
 宇野港から県道45→国道2→岡山ブルーラインへ。道の駅「黒井山グリーンパーク」で休憩。殻付きの牡蠣を売っていたので、おみやげに購入。
DSC01860.jpg
⑩姫路SA
 国道2を通り、バイパスの姫路SAで最後の休憩。この後、姫路バイパス→加古川バイパス→第二神明などを通って帰宅。
○本日の装備
上半身:ヒートテックシャツ、マイクロフリースシャツ、ウルトラライトダウンジャケット(朝夕のみ)、R&Rジャケット(中綿インナー付)
下半身:ヒートテックタイツ、レッグウォーマー、ウインドストッパージーンズ
その他:ゴールドウィンの冬用グローブ、ミラクルチューブ(フェイスマスク;朝夕のみ)、ヘルメットはフルフェイス
 天気は良好で、風もそれほど強くなかった。気温は朝夕が8~10℃で、日中は20℃近くまで上昇し暖かかった。朝晩でもダウンを着込めば全く寒くなかった。下は太ももの辺りが少し冷たかった。もう少し寒くなれば、インナーを強化するか、ミズノの中綿入りナイロンパンツにした方がいいだろう。
 特に理由はなかったが、まだフェリーに乗ったことのない鬼ヶ島に行くことにした。シーズンオフなのか、観光客が少なく、のんびりした感じが非常によかった。

広告
カテゴリー: ツーリング パーマリンク