潮岬

DSC_2525

20141230map

Google Map版はこちら

日時:2014年12月30日
距離:681.2km
時間:14時間24分
(距離と時間はGPSデータによる)

DSC_2509
(1)紀ノ川SA
 朝6時前に出発。前開から阪神高速北神戸線→神戸山手線→神戸線→ハーバーウェイ→阪神高速湾岸線→関空道→阪和道を通って、紀ノ川SAで休憩。ちょうど朝日が昇ってくるところだった。

DSC_2514
(2)鳥ノ巣半島の泥岩眼脈
 終点の南紀田辺ICで高速を下りて白浜へ。地図を見ていて気になった鳥ノ巣半島の泥岩眼脈に行ってみる。よくわからないが、地質学上珍しいところらしい。

DSC_2515
(3)円月島
 県道34で海岸線を通ると円月島が見える。

DSC_2518
(4)千畳敷
 ついでなので千畳敷でも記念撮影。

DSC_2522

(5)大鎌・椎平林道
 マップルに掲載されている大鎌・椎平林道を通ってみる。少々荒れているところもあるが、ロード用タイヤ(GP-210)でも問題なく走れた。

DSC_2524
(6)潮岬
 林道から県道39→国道42→県道41で潮岬へ。漁港のところに下りてみる。

DSC_2527
(7)橋杭岩
 串本に戻って橋杭岩へ。バイクは少なかったが観光客はけっこう来ていた。

DSC_2529
(8)獅子巌
 国道42を北東に進む。途中、バイパス(那智勝浦道路)を通った。バイパスを出てから獅子巌辺りまでは海岸線をほぼまっすぐな道路が続く。

IMG_1299(2)
(9)道の駅紀伊長島マンボウ
 尾鷲北ICから紀勢道路の無料区間を通り紀伊長島ICで下りる。紀伊長島ICからは有料区間になる。道の駅紀伊長島マンボウで、マンボウの串焼きを食べる。

DSC_2530
(10)草津PA
 紀伊長島かは国道42を通るが、少し混んできたので、大宮大台ICから紀勢道へ。伊勢道の安濃SAで給油後、新名神を通って草津PAで休憩。名阪国道と合流する伊勢関から亀山Jct.まで渋滞していた。この後、京滋バイパス→名神→中国道→山陽道などを通って帰宅。

 装備は上がヒートテックシャツ(厚手)、e-heatジャケット、R&Rのウインタージャケットで、朝晩だけウルトラライトダウンジャケットを着込んだ。下はヒートテックタイツ(厚手)とコミネのウインターパンツ。グローブはJRPのグリップヒーター用で、足はヒートテックハイソックスとMXブーツ。朝の気温は5℃前後とそれほど低くなかったが、和歌山の手前では2℃くらいまで下がったので、ヒーターを入れても少し寒かった。昼間は12~3℃まで上がったので、少し暑かった。

 USBモバイルバッテリをe-heatジャケットの電源に使ってみたが、ヒーターの機能には問題ないものの、バッテリがかなり高温になるので途中で使うのをやめた。3段階の中で使っていたが、電流の大きい状態が連続するためかもしれない。素直に純正のバッテリを使った方がよさそうだ。

 年末の土曜日が天気が悪かったり風邪気味だったりしたので、30日に紀伊半島を一周した。一日中だいたい晴れており、昼間の海岸沿い以外はあまり風も強くなかった。年末のためか観光客はそれなりにいたが、よい天気の割にツーリングのバイクは少なかった。

広告
カテゴリー: ツーリング タグ: , , , , , , , パーマリンク