ZETA スティングレイベントハンドガード

image

image
 アルミのハンドガードは林道ツーリング程度だと大げさな感じもするし、ハンドル周りはあまり重くしたくないので外してみた。

image
 転倒したときのレバー破損の確率を下げるため、ブレーキ側もピボットレバーに交換。道路脇の枝が手に当たるのを防ぐため、何らかのガードは欲しいので軽量のハンドガードを買ってきて取り付けた。

image
 クランプはマスターシリンダと切るスイッチの間に取り付けるのが普通のようだが、レバーが遠くなるので、マスターシリンダの内側にした。

image
 クラッチ側も同様にクラッチのホルダの内側に取り付けている。ガードをステー(クランプ)に取り付ける位置は3段階に調整可能。

image
 正面から見たところ。上半分がメッシュで風通しがよくなっている。

広告
カテゴリー: パーツ タグ: パーマリンク